みなさんは映画を見たあと、何をしますか?

私はfilmarksに記録して、ついでにみんなの感想を読みます。

そして、同じような感想を読みながらそれなぁ〜て思ったり、

あぁこういう風に捉える人もいるんだなぁって思ったりしながら

映画の余韻に浸ります。

それだけでは物足りない時には普通にググって、ブログの感想を読みます。

なんでブログかというと、ブログに書いてある感想はもっと、その人がその映画から感じて思ったことがちゃんと書いてあるから。

それにブログまで書こうとなるのは、その映画をみて、相当考えたことや思ったことがあるからでしょ?

そう、それでなんでこんな話をしたかというと、「ワン・デイ〜23年のラブストーリー」という恋愛映画を見たんだけど、私はこの映画の雰囲気がとても好きでした。悲しくてビターエンドかもしれないけれど、とてもしみじみして、余韻に浸りたくなるタイプの映画でした。鑑賞後もちろんフィルマークスで感想を読んだりしたけど、物足りず、ググってこの映画の感想が書いてあるブログ記事を読みました。

すると、ある記事に最後のシーンについて分析しているものがあって、これは私と解釈違う!となったので、私の解釈をここに記しておこうと思い書くに至りました。

まず、簡単にストーリーの説明をしますね。

スタートが多分スコットランドのエディンバラの風景から始まるんだけど、

そっから何故かめちゃくちゃ鳥肌がたった。

あの雰囲気と流れている音楽が素敵だったからかな。

中盤までは、「あと1センチの恋」を彷彿とさせた。

大切な親友を失いたくないから好きという気持ちをごまかして、

お互いすれ違っていくストーリーという感じだったから。

・・・と思いきや

1時間20分たったくらいのところで2人はお互いの愛を確認し、一緒になったの。

だから、ここからは2人が仲良く幸せに老いていくところを見るのかなと思った。

そしたらそうではなくて。

プールから上がったエマは、デクスターとの待ち合わせ場所に、

自転車で急ぎながら向かうシーン。

後ろからバイクがちょろちょろ走ってるし、

なんだか危ないな、なんかめちゃ嫌な予感するなぁと思ったら

その不安が的中。エマはトラックにはねられて亡くなる。

衝撃的すぎて思わず声を出してしまった。

デクスターは最愛なるそしてたった1人の親友エマを突然無くしたことで、

どうすればいいかわからなくなる、自暴自棄になる。

そんなところを、彼の父は、エマがまだいるっと思って生きて見たらどうだというアドバイスをする。

そして、そのアドバイス通り、彼は乗り越えて、自分のカフェを開くまでになった。

そして、ほぼ最後のシーンである悲しみから乗り越えたデクスターと元妻との娘ジャスミンとの会話。ちょっと読んで見てください。このシーンで意見が異なったブログを見つけたので。

ジャスミン「(エマのこと)恋しい?」

デクスター「もちろんだ。パパの親友だったからね。」

ジャスミン「今は親友いる?」

デクスター「ジャスミンに決まってるだろ。お前の親友は?」

ジャスミン「たぶん・・・ママかな。」(デックスの切ない顔( ; ; ))

デクスター「そっか・・・でもパパもそこまで悪くないだろ。」

ジャスミン「それは答えられない。」

・・・

「パパはパパでしょ。」

あるブログでは、この時のデックスの心情をこう捉えてた。

エマは親友だっただけど、エマは友達ではなくエマだったんだ。でも・・・親友でもあったな。ってデクスターの頭の中を読んで見ましたが、どうでしょうか。

どうでしょうか・・・

そう聞かれたら私の解釈を伝えなくては。

着眼点が違うと思った。

このブロガーさんは、デックスの心情を読み取ったけど、

私は、「パパはパパでしょ。」と言ったジャスミンの心情がまず気になった。

そして、ジャスミンが、どんな状態のパパでも、私にとっては大切なたった1人のパパだよと伝えたいように見えた。

デクスターは、パパも悪くないだろ?と聞くことで
無意識にジャスミンのママと自分を比べてたのがわかる。

ママみたいにパパもパパとしての役割をしっかり果たせるように頑張っているし、これからも頑張るからという気持ちが伺える。

そんなパパにジャスミンが、「うん、パパも悪くない。」と答えるのではなく、

「パパは私のパパってわかってるでしょ(you know what you are)」と答えることで、

どんなに情けなくても責任感があまりなくても、

パパは私のパパであることに変わりがないよ。私はパパとして受け入れてるよ。とジャスミンは伝えたんだと思う。

その言葉にデクスターはとても安心したし、背中を押された気持ちになってるように見えました。

でも映画の解釈ってほんと人それぞれだから。

どんな解釈でもいいんだけど。

私の解釈で行けば、ジャスミン相当思慮深くて大人だよね。

それにしても私はデクスターを演じるJim Sturgessに惚れたわ。(結局そこ)

なにあのハスキー低音ボイス。あの声で耳元で囁かれたら堕ちるに決まってる。

このシーンでジャスミンに話しかける声の優しさ、しかもハスキー。堕ちる。

あれ、どうやって締めればいいのかわからなくなってきた。

とりあえずJim Sturgess優勝してる!!!(違う)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です